高峰譲吉博士研究会

三つの「顔」を持つ偉人

真のグローバル・パーソン 高峰譲吉博士

 幕末、明治、大正の激動の時代を生きた高峰譲吉博士は、科学者として、事業家として、国際親善外交を通じても、大きな足跡を残しました。


科学の先駆者・発明家として

 幼くして長崎留学で英語を学び、明治初めに工部大学校(現・東京大学工学部)、そして英国留学で応用化学を学びました。帰国後農商務省に勤務して欧米の先進的な化学工業を日本でも確立するという使命のもと、米国の万博会場で目にしたリン鉱石から思いついて、日本の肥料工業の先駆けとなる人造肥料生産を手掛けました。

高峰譲吉博士

 また日本の麹菌によるアルコール醸造法をウィスキー製造に応用する技術を開発して、招かれて米国に渡りましたが、地元業者の妨害にあって挫折してしまいます。
 しかし、この醸造発酵技術の過程で「タカジアスターゼ」という強力な消化酵素を発見し、医薬品とすることができました。そしてさらに、牛の副腎から「アドレナリン」というホルモンを抽出結晶化することに成功しました。この「アドレナリン」の発見は、神経科学や内分泌学の先駆けとなり、世界の医学・薬学界に多大の貢献をしました。
 この大きな二つの発明発見によって、高峰譲吉博士は米国での地位を揺るぎないものとしましたが、「タカジアスターゼ」を中心とした醸造発酵技術の発展に貢献したことにより、米国では「バイオテクノロジーの父」と呼ばれています。


事業家・起業家として

 これらの発明発見を事業に結びつけることにも成功しました。製薬の三共株式会社の初代社長であり、東京人造肥料(現・日産化学工業株式会社)の設立、ベークライト工業の導入(現・住友ベークライト株式会社)、黒部川の電力開発および周辺のアルミニウム工業の推進に関わり、そして、世界に後れを取らない日本人研究者育成のための理化学研究所(現・独立行政法人理化学研究所)の創設を強く提唱し実現させました。
 また、豊田式自動織機の事業化につまずいて失意のどん底にあった豊田佐吉を、元気付け、勇気付け、再び事業化の情熱を喚起したのも、高峰譲吉博士でした。
 「タカジアスターゼ」、「アドレナリン」の特許を世界各国でいち早く取得し、その特許収入で巨万の富をなすことに成功し、米国でベンチャー企業を起こして酵素事業・研究開発を推進しました。


国際親善・民間外交を通じて

 高峰譲吉博士は事業成功で得た富を、日米親善、民間外交のためにも、惜しみなく投じました。
 日露戦争時には米国の世論を日本の味方につけるために、日本政府の依頼を受けて、私費を投じて米国各地での講演会、現地新聞一面を使った日本PR投稿などで奮励努力、奔走しました。
 また、ワシントンD.C. のポトマック河畔にある桜並木の植樹を企画し資金を提供したのは高峰博士であり、さらにニューヨーク市へも桜を寄贈しています。


研究会からの 今月のひと言

 1905(明治38)年、米国各地で柔道の宣伝、普及に努め、デモンストレーションや試合を行っていた講道館柔道使節団の活動を、高峰博士が通訳していたことを証する記述が見つかりました。
 博士の日本と米国の相互理解を進める民間外交の一例として、ご紹介いたします。
 詳しくは、 こちら をご覧ください。


トピックス

 寄稿/19)高峰博士の民間外交をアップしました (16.11.25)


 お知らせ/日比谷図書文化館で講演 をアップしました (16.11.7)


 お知らせ/港南台地区シルバークラブ連合会で文化講演会をアップしました(16.6.29)


 お知らせ/第30回『シッドモア桜の会』をアップしました (16.4.5)


 お知らせ/放送大学京都学習センターで講演をアップしました (16.3.7)


 寄稿/18)Takadiastase, Adrenaline, Epinephrine の語源考をアップしました (16.1.15)


 お知らせ/近畿大学農学部で講演をアップしました (15.12.17)


 お知らせ/高岡市立志貴野中学校で講演をアップしました (15.12.17)


サイト内検索:



フェイスブック