高峰譲吉博士研究会

高峰博士ゆかりの地・人

3)ゆかりの人‥‥渋沢栄一

実業家。若い譲吉の才能を評価し、東京人造肥料会社創立など様々な高峰博士の活動を支援する。


略 歴

渋沢栄一 渋沢栄一は1840(天保11)年2月13日、現在の埼玉県深谷市血洗島の農家に生まれました。
 家業の畑作、藍玉の製造・販売、養蚕を手伝う一方、幼い頃から父に学問の手解きを受け、従兄弟の尾高惇忠から本格的に「論語」などを学びます。郷里を離れた栄一は一橋慶喜に仕えることになり、一橋家の家政の改善などに実力を発揮し、次第に認められていきます。
 栄一は27歳の時、15代将軍となった徳川慶喜の実弟・後の水戸藩主、徳川昭武に随行しパリの万国博覧会を見学するほか、欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通ずることができました。
 明治維新となり欧州から帰国した栄一は、「商法会所」を静岡に設立、その後明治政府に招かれ大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わります。
 1873(明治6)年に大蔵省を辞した後、栄一は一民間経済人として活動しました。そのスタートは「第一国立銀行」の総監役(後に頭取)でした。栄一は第一国立銀行を拠点に、株式会社組織による企業の創設・育成に力を入れ、また、「道徳経済合一説」を説き続け、生涯に約500もの企業に関わったといわれています。
 栄一は、約600の教育機関・社会公共事業の支援並びに民間外交に尽力し、多くの人々に惜しまれながら1931(昭和6)年11月11日、91歳の生涯を閉じました。

(渋沢栄一記念財団サイト 『渋沢栄一』より引用/写真提供:国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
東京人造肥料会社

明治20年4月18日(1887年)
 是ヨリ先二月二十八日、栄一東京人造肥料会社創立委員トナリ、是日渋沢喜作※1・馬越恭平※2 ト連署シテ会社ノ設立ヲ東京府知事高崎五六ニ出願ス。
 是月二十八日許可セラル。十二月十二日委員長トナル。

明治26年5月3日(1893年)
 是日当会社工場焼失ス。株主中之ヲ機会トシテ会社ヲ解散セント説ク者アリ。栄一之ニ反対シ、会社存続ニ努ム。
 是年商法施行ニ伴ヒ東京人造肥料株式会社ト改称シ、栄一初代取締役会長トナル。

(渋沢栄一記念財団サイト 『渋沢栄一伝記資料』 第12巻 第18節 人造肥料業/第1款 東京人造肥料株式会社 より引用)

注)※1 渋沢喜作…渋沢栄一の従兄。明治以前の名は渋沢成一郎。
注)※2 馬越恭平…この当時は益田孝の元で旧三井物産に在職。
◎設立から1年後、運河に囲まれた深川釜屋堀(現・江東区大島1丁目)に工場を建てました。東京人造肥料会社においては、実質的な社長兼技術長を勤めたのは高峰博士でしたが、東京人造肥料会社が設立された同じ年に、高峰博士の英国での「(麹による)酒精製造法特許」が成立しています。この特許は2年後、アメリカでも成立し、1890年に博士がアメリカに渡るきっかけとなりました。
 東京人造肥料会社はその後変遷を経て、現在の日産化学工業(株)となっています。

日米協会

大正6年2月22日(1917年)
 是日、当協会組織協議会麹町区内山下町華族会館ニ開カレ、栄一出席シテ演説ヲナス。金子堅太郎・高峰譲吉及ビ栄一ノ発起スル所ナリ。四月十三日、創立会同所ニ催サレ、栄一名誉副会長ニ選出セラル。次イデ同月二十四日、執行委員会帝国ホテルニ開カル。

(渋沢栄一記念財団サイト 『渋沢栄一伝記資料』 第35巻 第8款 日米協会 より引用)

社団法人日米協会は、渋沢栄一、高峰譲吉、金子堅太郎らが発起人となって、日本で最初に日米両国民が互いに友好を深め相互理解を促進するために創立された民間の非営利団体です。初代会長には、日本人で初めてハーバード大学を卒業、明治憲法の起草者でもあった金子堅太郎が就任しました。

理化学研究所

大正2年6月23日(1913年)
 是ヨリ先、高峰譲吉・高松豊吉等、国民科学研究所ノ設立ヲ提唱スルヤ、栄一之ニ賛成シ、是日、築地精養軒ニ於テ、次イデ七月三日、帝国ホテルニ於テ、協議会ヲ開キ、化学研究所ノ設立ヲ決議ス。栄一其規定及ビ予算ノ調査委員トナル。次イデ十二月十二日、東京商業会議所ニ於テ、第一回委員会ヲ開キ、翌三年三月十九日付ヲ以テ、貴族院及ビ衆議院ニ化学研究所設立ニ関スル請願書ヲ提出ス。

大正6年3月28日(1917年)
 是日、伏見宮貞愛親王当研究所総裁ニ就任、同日栄一、副総裁ヲ委嘱セラレ、在任歿年ニ及ブ。

大正6年4月26日(1917年)
 是日栄一、宮内省ニ出頭シテ、当研究所ニ対スル帝室御下賜金百万円ノ御沙汰書ヲ拝受ス。
 是月二十三日ノ理事会ニ於テ、栄一、所長トシテ菊池大麓ヲ、次長トシテ桜井錠二ヲ推ス。五月二日ノ理事会ニ於テ、両者就任ヲ受諾ス。

(渋沢栄一記念財団サイト 『渋沢栄一伝記資料』 第47巻 第8款 財団法人理化学研究所 より引用)
◎1913年、高峰博士は国民科学研究所の必要性を提唱し、築地精養軒において演説を行なっています。渋沢栄一、桜井錠二らが賛同し、理化学研究所設立へと動きだしたのです。


(記事作成:平成23年7月24日/文責:事務局)