桜井錠二

 1858(安政5)年、加賀藩士 桜井甚太郎と八百(やお)の六男として生まれる。
 七尾語学所で英語を学んだ後、1871(明治4)年に大学南校(東京大学の前身)に入学。さらに 1876〜81(明治9〜14)年にはロンドン大学へ国費留学し、有機化学の大家であるアレキサンダー・ウィリアムソン(1824〜1904)に師事した。
 帰国後、1882(明治15)年に24歳で東京大学教授に就任。以後、日本の化学界をリードし、池田菊苗ら多くの門下生を輩出した。

 明治後期になると、(中略)…日本を代表する東京帝国大学の物理学教室や化学教室においてすら、「研究費は皆無であると言ってよろしい」状況だった…という状況下で、桜井は「模倣万能の時勢に抑圧せられて明治時代にはその種子はほとんど発芽するに至らずしてやんだのであります」と断じている。
 1913(大正2)年、転機が訪れた。この年、高峰譲吉が米国から一時帰国した。(中略)…桜井は高峰と同じ加賀藩出身、七尾語学所の同窓でもあり、以前からの友人であった。高峰は築地精養軒において、農商務省の大臣ら政官財の要人約150名の前で、産業に結び付く独創的研究を推進するための「国民科学研究所」設立の必要性について演説した。
 この提案にいち早く賛同したのが、財界の重鎮である渋沢栄一と桜井であった。二人は米国へ戻った高峰の後を受け継ぎ、理研創設へ向けた動きを一貫してリードした。(「理化学研究所」サイトより)
 (文責:事務局)
× close