高橋是清

 1854(嘉永7)年、江戸芝中門前町に生まれる。
 横浜のアメリカ人医師ヘボンの私塾(現・明治学院)で学び、1867(慶応3)年、藩命により勝海舟の息子・小鹿(ころく)とアメリカに留学。しかし、仲介をしたアメリカ人貿易商、ユージン・ヴァン・リードに騙され、奴隷同様にして売られ、苦労を重ねた。
 ようやく1868(明治元)年に帰国し、サンフランシスコで知遇を得た森有礼に薦められて文部省に入省。大学予備門や共立学校(現・開成高校)の初代校長を務める。
 その間、文部省、農商務省官僚としても活躍し、1884(明治17)年、農商務省の外局として設置された特許局の初代局長に就任。この2年後、農商務省から高峰譲吉を呼んで特許局次長を兼任させ、日本の特許制度を整えた(高峰譲吉は2年前のアメリカ出張で、現地の特許事情を詳しく見聞きして来ていた)。

 日露戦争(1904〜05)勃発時には、日銀副総裁として戦費調達のための戦時外債の公募で同盟国の英国に向かった。しぶとい交渉の結果、公債募集は成功した。1911(明治44)年、日銀総裁。

 その後、第1次山本内閣の時に大蔵大臣、さらに第20代内閣総理大臣、数度の大蔵大臣などを歴任し、二・二六事件において、赤坂の自宅二階で青年将校らに暗殺された。 (文責:事務局)
× close